読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな人を苗字でよんでしまう

あんスタとジャニーズ事務所、次元の区別があまりついてない

Funky Timeという幸せ

こんにちは、半年近く間が空いてしまいました。途中何回か書いたんですが、全部書きかけで終わってしまったので、これはいつか公開したいなと思ってます。

 

どうしても今この高揚した気分のまま書いておきたかった、ファンキータイムのお話です。

 

昨年のピングレ鑑賞と、伊野尾担友人のものすごいゴリマーケティングから、急転直下ラブフリーフォールしてしまってます、Hey! Say! JUMPの、

最新シングル

初回限定盤Bのほうに収録されている楽曲「Funky Time」

聞きました?見ました?もしまだの方がいたら騙されたと思って見てください。天国が広がっています!!!

 

ラジオとか視聴とかまるでちゃんとやってなかったんで、CD発売が初聞初見だったんですが、もう良すぎて頭がデロデロに溶けきってます。

 

あんなに可愛い成人男性集団が存在してていいのか?成人男性におもちゃをあたえて自由にあそばせてMVをとっていいのか?

画面全体もインスタグラムのような(?)可愛い雰囲気で、あと、ロンドンバスの車内で撮影してるところがですけど、1人メインパートで歌ってる子の後ろでメンバーがワチャワチャ遊んでるシーン、後ろを見ても前をみても楽しい、目が足りない…!

山田さんが手前にいて後ろにセブンが謎の踊りをしてるシーンがめちゃくちゃ好きです。

 

あとポテチみたいなの食べてあるいてる山田とか、オセロに負けて悔しがる山田とか、スケボーが楽しい山田とか…ツボったところ書き出したらレポートレポート用紙4枚くらいうまりそう…

 

 

いや、アイドルの魅力の1つって思い出を音楽とセットで記憶できるところだとおもうんですよね。

KAT-TUNならワールドツアーでのPROMISESONGとあの挨拶の思い出がリンクするし、まだこの先のコンサートやグループ活動が約束されてない頃のキスマイの永遠のチケットの「すぐにまた会えるように…」の願いの歌声。はたまたNEWSの星をめざしてを赤裸々な思い、(この手の曲はfineのネオサンなんだろうなって思うのですが、その話はまた別の機会に)

元気な応援ソング、ラブソングとは別に、こういう本人たちの歩みことを歌ってるような曲って時々出ますよね。

まあ楽曲作ってるのなんて外部別人なので、そこまで深い意味なんてないのかもしれない。けれど、音楽と一緒に刻まれた記憶は普通よりも鮮明に感動的に記憶されて、その曲を聞けばあの時の気持ちが戻ってくる、この人たちが大好きだって思える曲が存在する。

 

FunkyTimeまさにそれにです~!!!

 

JUMPの歴史と決意を高らかに歌う10周年イヤーにふさわしい楽曲。ドドドドニワカが何言ってるんだという話ですが、傍目に見てきただけでも、どんな思いをこめてこの曲を歌うのか、間違いなく記憶と感情がリンクします。こんなコンサートで聞いてしまったら泣いてしまいそう…!しかも、over the topというかっこいい楽曲のサブにこれを持ってくるあたりが、効いてますよね。名カップリング間違いなしです。

 

ここ2年くらいの彼等は飛ぶ鳥を落とす勢いですけど、デビューしてからの新曲が一枚も出せなかった不遇な時期とか、あと触れてはいけない事件とか、グループ外で掛け持ちデビューした話とか、仲良しの中にあったギスギスとか、そういうものを否定せず受け入れて、笑って、もっと明日輝いていけるように頑張ってくんだなって。ないちゃうってこんなの。

 

あと

ゆと「誰にも見せない胸の奥を」

ゆり「わけ会えたらソーワンダホー」

のパートにした人に拍手を送りたい!「誰も見せない胸の奥を」って君が言うか…!?って810回思いました。

中島さんは私の推しだけど、あの子が何を考えてるか、一番奥みたいなところって本当にごく少数の人しか、むしろほぼ見れないんだろうなってなんとなく思っているところがあります。最深部にたどり着けなそうな、不思議な森のなかをさ迷ってしまうみたいな感覚。無邪気だけど、時々みせる不安げな表情とかがたまらなく惹かれてしまうんだけど、そんな彼の「誰にも見せない胸の奥を」

からの

知念くんの分け合えたら…

ってこれあれか高校時代の話…?!

かの有名な中島山田のギスギス期間の救いというか、それをうまいこと間を取り持ってくれたのは同じクラスだった知念くんだという話を、先輩JUMPヲタから聞いていました。セブンたちも知念くんの20歳の誕生日に思ってることを吐き出してやっと今の形にまでなってきたって…

ニワカが深読みしすぎですが、この歌割りには、あの時のセブンさんたちの話を彷彿とさせて、胸がきゅっとします。ただ前へとセットで聞くと最高です。

 

もう1個、薮八乙女の「散らばった光手繰り寄せて、重なった未来で、デカイ世界掴み取れ」

の所も神歌割りです。深読みかもしれないけど、こないだのジャニーズワールドでYa-Ya-yahとしての楽曲を披露したのも、1つの区切りとして、このチームで進んでいく決意の歌なのかな…って思ったりして、涙腺が刺激されます…

 

 

きっとこの曲とHey! Say! JUMPが好きだという気持ちはこれからもずっとリンクしてくし、聞けば感情がいっきに目覚める。素晴らしい一曲です。

 

2度目になりますが、funkyTime が見れるのは初回限定盤B!限定にしたくない世界中にこの可愛さを見せびらかしたい…!なにかの機会があったらぜひ見てください、本当にシャブです。

 

 彼等の十周年イヤーは幕開けしたばかり、既にこんなにデロデロにされてて大丈夫か…