読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな人を苗字でよんでしまう

あんスタとジャニーズ事務所、次元の区別があまりついてない

担当外グループに学ぶ~「美しい恋にするよ」を見ました~

あんさんぶるスターズのせいで変な方向のアイドルヲタクに出戻りしている私ですが、

職業アイドルについて知りたい考えたい欲がどんどん増していき、もう推しのいるグループでは足らず、他のグループが何やってるかしりたい!って思うように…、

 

そこで先日Twitterで何人かの方に各グループのライブDVD、渾身の1枚をオススメして頂いたんです。本当にありがとうございます。中古ですがDVD買いました。

 

で、

未知のグループに触れてアイドル勉強するシリーズ第1弾

NEWS「美しい恋にするよ」!

 

これどんな意味のタイトルかと思ったらチャンカパーナの台詞の1部だったんですね。

母親が10年越えの内博貴担なので、私にとってNEWSは9人、6人時代のほうが正直馴染みがあったんです。現状NEWSがどんなステージなのかという興味と、昔のNEWSも楽しかったという思い出を消さなきゃいけないのではないか…なんてというちょっとした葛藤もありつつ、とにかく見てみることにしました。

 

いや凄かったです…!エネルギーの溢れてた…!

てごしくんの調子のいい感じ、増田歌上手い、シゲ頑張ってる、小山くんめっちゃアイドル~!知って歌もたくさんあったからかもだけど、楽しかった…

 

まず舞台セット。テレビか何かで1度見かけていて、このセットがこのNEWSのコンサートだったのか!ってようやくわかりました。

まるでイッツァスモールワールドのような、城!あれだけ強い主張のあるステージデザインながら、ステージの可愛い感じに飲み込まれない様々な路線のパフォーマンス演出をしているのも凄いなと!

 

 

それと強く感じたのは「アイドルは誰か1人でも見つめて、目を離さなければアイドルであり続ける」こと。

これは「私が生かしてやってるぞ!感謝しろ!」という上から目線の意味ではなく、アイドルとファンは一緒に走っていける関係なんだなって。

アイドルは世界に喜び、楽しさ、誰かの憧れや目標になって幸せにすることが仕事、ファンはそれから目を離さないことが仕事。互いの仕事を全うして同じエンターテインメントを作り上げていくチームある。フルスイング前のMCはそんなそんな一体感を感じました。

 

NEWSといえば、どうしても避けれない辛い過去とかがある。

こういう脱退や活動休止、軽いものでいえば不仲や大喧嘩した過去とか、そういうアイドルの負の歴史はどのグループにも多少あり、それはコンテンツ化されて、美談にされ、消費されていることは多々あると思います。

そういうエピソードにおける敵。事務所だったり、あるいは脱退メンバーに課せられる役柄。その敵は、誰かの輝きのためにずっと悪役を演じなければならないのか。アイドルの魅力に悲劇と悪は必須なのか。あんスタキッカケに最近そんなことをぼんやり考えていたところでした。NEWSのDVDを一番最初に見てみることになったのも、そういうモヤモヤをすっきりしたかったからかもしれません。

 

でも、そういう悲劇を悲しみ、頑張る彼らのなんていじらしいことか!と思うのは時々小出しにされるエピソードをファンが1人思い返した時こみ上げるものであって、主たるアイドルそのもの魅力はやっぱりそこじゃないんだなって再確認しました。

‪大好きな人がいる、楽しそうに、頑張って歌ってる、ステージにまたあがってくれてる、今の目の前の姿こそ一番魅力なんだなって。だから彼等やファンが泣いてるのは数曲。一度会場におりればまわりは笑顔になっていて、そうだよ、悲しいことがアイドルの一番の魅力じゃないよねってすっっごく感じました!

つまり山Pら脱退メンバーもNEWSの魅力を高める要素としていつまでも悪役消費されるわけでもないということ。むしろ彼等はもうとっくに決別したところに存在していて、関係がないということ。

現状NEWSメンバーが個々人で頑張っている姿そのものにファンがついているんだなって、なんだか少しホッとしました。勿論許すことも憎むこともファンの自由だけど。

山Pや錦戸がいたころ、星を目指してでステージにまた戻ってきたとき。内くんのドラマの主題歌をうたって、背中をおしてあげてたとき。ああよかったなって思ったあの記憶も無理やりに捨てなくていい、輝いてたのも、ほんとだから。

4人は4人のファンたちと、それぞれ愛し合う空間をこれから共有していくんだから。多分「好き」の感情って誰か比較する悪い人を作らなくたってファンとアイドル1体1に生まれてることなんだよね~って。

 

野外のコンサートだったせいで客席が良く見えるんですよ~!メンバーがどこか1箇所指刺せば、そこに笑顔が弾けるの、魔法使いのようだなって!そしてきっとずっと目を離さなければまたどんな魔法も見せてあげると約束するよ、って言ってくれるような。

一緒にこれから歩むNEWSヲタとNEWSの美しく熱い恋の姿を目撃した、そんなDVDでした。

 

他グループファンが何を知ったように!!!と言われそう…気分を害した方がいらっしゃったら本当にすいません!でも、確かにこれは納得のNEWS渾身の一枚でした…!

 

 

突然ここであんスタの話に行きますが、数々のグループにおけるこの起爆剤の「悪役」を担当してる天祥院だけど、この世界でも一生悪役を背負う必要がないといいなあと思うばかりです。生徒会が嫌だ!だからトリスタを応援する!じゃなくて、トリスタのパフォーマンスが最高だったから、素直にトリスタを応援したいというファンが沢山いてくれたらいいなあと。実際そんな○○が嫌だから○○を応援するって気分でファンをやることって自分に置き換えてもまずやらないな、と思うから。

まあアプリ内そこまで描いてる暇がないから省略されてるんだろうけど、アイドルを応援したいのって、誰かに酷い仕打ちをうけたあの子が可哀想で可愛いだけじゃなくって、私が見たあなたの姿、最高によかった!の気持ちだし、DDD最後の舞台も、それぞれの舞台を楽しんでくれたファンがいたから拮抗したと信じたいし、最後までフィ~ネが普通に大好きだったから投票し続けたファンもきっといたはずだから、それはなにも悪いことはない。

あとね、サーカスってつまりはこういう復帰魂の一種だったのかなって思うと、ますます本当の現場に行きたいがこみ上げてきます。復帰魂で、「この熱がある限り、何度だってステージに立てるよ」って言ってくれたあの言葉を信じて、応援したい。あんな身体で他のアイドル辞めたって君は素晴らしいよいいんだよって言う人もきっと沢山いるけれど、それ以上に絶対に舞台からおりないでくださいと願う側になりたい。そうした役割が勝手に降りることなんて許さないという勢いの宗さんや夏目くんだったり、なんでやめちゃうのっていってくれそうなスバルくんだったり、そして一緒に歩いてくれるのではなかったのですかっていう日々樹くんなんだろうな…

 

感想とも言えない雑な独り言ですが、ほかのグループの公演を見るのは、担当がいなくてもとても面白かったです。

この調子でセクゾ、ウエストあたりもぜひ見聞を広げるためにも攻めて(?)いけたらいいなと思います!

 

本当に、なんでこんなことになってしまったんだ…出戻りどころか変なドルヲタになってしまって…

アイドルを文化の高みに引き上げた~い!